背ラピストブログ

ゴッチョ背まくら次回入荷と価格改定について
こんにちは、背ラピストStoreの岩上です。 ゴッチョ背まくらの在庫切れにより、お待ちいただいているお客様には大変ご迷惑をおかけしております。 昨今の世界情勢の混乱により、今後の方向性を定めることが難しく、ご連絡が遅くなりましたことを心よりお詫び申し上げます。   次回入荷について さて、ゴッチョ背まくらですが、難航していたメーカーとの交渉もまとまり今後も販売を継続できる運びとなりました。 次回の入荷は8月を予定しております。 お待ち頂いているお客様には大変恐縮ですが、もう少々お待ちくださいますようお願いいたします。 ※5月中旬ごろより先行予約の受付を開始させていただきます。   価格改定について 5月中旬からの予約受付では、従来の価格で受付をさせていただきます。 各種報道にもありますように、世界情勢の混乱による値上げが相次いでおります。 ゴッチョ背まくらにおきましても価格維持のための方法を模索してまいりましたが、原材料の高騰、海運輸送費の高騰に合わせ急速な円安が重なり、従来の価格を維持することが困難となり、やむなく値上げさせていただく運びとなりました。 急遽ではございますが、5月1日より定価を22%値上げした金額に変更させていただきます。 【価格変更の内容】・商品名 :ゴッチョ背まくら・料金  :16345円(税抜き) → 20000円(税抜き)・変更日 :2022年5月1日(予約販売では従来の価格でご提供致します)  ※5月中旬からの予約受付では、値上げ前価格での最終受付とさせていただきます。   予約販売について 予約販売については、CAMPFIREという予約販売サイトでの受付を予定しておりますが、詳細が決まり次第改めてご連絡させて頂きます。 今後もより一層のサービス向上に努めてまいります所存ですので、何とぞ諸般の事情をご賢察いただき、ご理解いただきますようお願い申し上げます。  
続きを読む
正しい姿勢を維持する事を習慣化しよう!
背ラピストStore店主の岩上です。昨日より、ゴッチョ背まくらの在庫を切らしており皆様にはご迷惑をおかけしております! ここ数日で予想を大幅に上回る御注文をいただき、6月分までの在庫がすべて完売となってしまいました。 早急に在庫を調達したいところではございますが、現在メーカーとの交渉が難航しており次回の入荷のめどがまだ立っていない状況です...。(昨今の不安定な社会情勢による影響をうけております) 一日も早く入荷できるように尽力致しますので、もう少々お待ちくださいますようお願い申し上げます。   そんな状況ですが、、、 本日は、姿勢の最適化について書こうと思います。 正しい姿勢を習慣にすることで得られる喜びは計り知れません。是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです! 正しい姿勢は「S字カーブ」 私たちの体が正しい姿勢を取っているとき、背骨はゆるやかな「S字カーブ」を描いています。 二足歩行の人間が重力による体の負担を軽減できているのは、このS字カーブのおかげ。 しかし、現代人は首や肩が前に出た前かがみの姿勢になりやすく、背骨のS字カーブが崩れてしまう人が増えています。首の骨がまっすぐになる”ストレートネック”や背中が丸まった”猫背”の人は常に崩れた姿勢のため、日常生活を送るだけで肩や腰に大きな負担がかかっています。 さらに、誤った姿勢は体のあちこちにも悪い影響を与え続けるため、健やかな毎日を送るためには姿勢をよくすることが欠かせません。 体の負担を軽くして疲れにくい体へ 前かがみの姿勢の悪影響のひとつが心臓や肺が圧迫されること。 体内に十分な酸素を取り入れることができず、血流も悪化。 全身に栄養や酸素を行き渡らせることが難しくなるので、胃腸の調子が悪い、手足が冷えるなどのさまざまな不調の原因になります。 姿勢を正すことで、全身のひとつひとつの細胞に十分に栄養や酸素を運べる体になります。 疲れにくく、疲れがとれやすい体作りには正しい姿勢の習慣化が効果的です。 体幹を鍛えてスタイルアップ 前かがみの姿勢の時、胸の筋肉は縮こまって緊張してガチガチに。 内臓の位置が下がってぽっこりお腹になるので、見た目も美しくありません。 正しい姿勢を保とうとする時、背筋はまっすぐとのび、お腹はぐっと引き上げられます。 体を支えるインナーマッスルもしっかり鍛えることができるので、美しい姿勢を保つことが、美しいボディラインへの近道です。 背筋を伸ばして気分も前向きに あなたは気分が落ち込んでいる時、背中が丸まって前かがみの姿勢になっていませんか? 逆にやる気に満ちてがんばろうとしている時は、背筋がピンと伸びて胸を張っているのではないでしょうか? 姿勢は体だけではなく、心にも大きな影響しています。ネガティブな気持ちになった時は、意識して体を起こして背筋を伸ばしてみてください。 姿勢をよくするだけで、気分が少し前向きになります。 呼吸もしやすくするので、集中力アップにも効果的です。 日常生活でこまめに姿勢を正してみよう パソコン作業、スマホに家事……と日常生活の作業のほとんどが前かがみの姿勢の現代人。 だからこそ、こまめに正しい姿勢に戻そうとする意識が必要です。 頭が前に出ているな、と気づいたら頭の位置を戻す。 この、姿勢がくずれたことに気付いて、正しい位置に戻す事を歯磨きと同じくらい当たり前の習慣になれば心も体もすごくラクになると思います。 是非、日々の生活で正しい姿勢を維持する事を習慣化してみてくださいね。 ちなみに、ゴッチョ背まくらは正しい姿勢の習慣化を助けるツールとして、かなり万能です。 気になる方はお気軽にLINEください^^ 引き続き背ラピストStoreをよろしくお願い致します!
続きを読む
睡眠の質を決める”黄金の90分”って?忙しくても朝スッキリ起きるための話
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。 今日は、仕事や子育てが忙しく十分な睡眠時間を確保するのが難しいという方へのお役立ち情報をお届けしたいと思います。 もし、睡眠時間が短くても「朝スッキリと目覚めたい」「日中の仕事のパフォーマンス上げたい」と思うなら、”黄金の90分”に注目してみてください。 眠り始めの黄金の90分 睡眠には脳も体も眠っている「ノンレム睡眠」と、体は眠っているが脳は起きている「レム睡眠」の2種類があります。 2種類の睡眠は一晩中交互に繰り返されていますが、眠りに落ちて最初に訪れるノンレム睡眠が一晩の睡眠の中で1番深い眠り。 この最初のノンレム睡眠の質が全体の睡眠の質も決まるため、”黄金の90分”と呼ばれています。 眠りに落ちてから最初の90分の睡眠の質を高めることで、脳も体もしっかり休息が取れて、朝スッキリと目覚められるのです。 成長ホルモンで肌も体もピカピカに 睡眠時に分泌される成長ホルモンは、私たちの体の筋肉や組織を修復し、疲労を回復してくれる効果があります。 子どもや若者にしか出ないと勘違いしている方もいますが、大人になっても分泌されるホルモンです。   成長ホルモンは”黄金の90分”に全体の70~80%が分泌されていると言われています。 徹夜明けや夜更かしの後にお肌が荒れるのも、成長ホルモンの分泌不足が原因。 逆に言えば、最初のレム睡眠の質が良ければ肌も体もピカピカに近づいていきます。 黄金の90分で自律神経も整う?  私たちの体をコントロールする自律神経は、緊張や興奮を司る交感神経とリラックスを司る副交感神経によって構成されています。 眠っている間もレム睡眠の時は交感神経、ノンレム睡眠の時は副交感神経と自然に切り替わっています。 刺激が多い今の時代では、日中は交感神経が優位になりがち。 黄金の90分のノンレム睡眠で副交感神経をしっかり優位にすることで、自律神経のバランスが整います。 「体がだるい」「肩こり」など自律神経の乱れによって引き起こされる心身の不調にも効果的です。   睡眠時間は90分単位がいいって本当? 黄金の90分を根拠に「睡眠時間は90分単位がいい」と6時間睡眠や7時間半睡眠を勧めている本もあります。 しかし、最近の研究で最初のノンレム睡眠は90分〜120分と個人差があることが判明しました。 90分の単位にこだわるよりも、自分に合った睡眠サイクルを見つけることが大切です。 睡眠の質を上げるコツは寝る前の90分 私たちの体温は朝から夕方にかけて上昇し、夜の睡眠に向けて下がっていきます。 子どもが眠くなる時に手足が暖かくなるのも、体の中の深部体温を下げるために手足の毛細血管を広げて熱を逃しているから。 一方、大人が深部体温を下げるために有効な方法がお風呂に入ることです。 40度のお湯に15分ほど浸かった後の体は、深部体温が0.5度ほど上昇しています。 寝る90分前に入浴を済ませておけば、眠りに着く頃には体温が下がり睡眠には理想的な状態に。 黄金の「90分間」のためには、寝る「90分前」の入浴と覚えておきましょう。   また、夜遅くの帰宅でお風呂に入っている時間がないという人は足湯がオススメ。 足の血行がよくなることで熱が放出されて、眠りにつきやすい体温まで素早く下げてくれます。  是非、お試しくださいませ!   それでは、新年度が始まって忙しい時期ではありますが、高いパフォーマンスを維持するためにも『睡眠』をととのえて、乗りきりましょう。...
続きを読む
「最近寝ても疲れがとれないんだよね…」”隠れ疲労”について
こんにちは!背ラピストStore店主の岩上です。 今回は 「日中に頭がボーーっとする」「朝起きた時に体がだるい……」「休日も動くのがおっくうでダラダラ過ごしてしまう」 など寝てもとれない疲れにお悩みの方に知って欲しい”隠れ疲労”についての記事をお届けします。 疲れは体からの「休んでね」というメッセージ。疲れがたまると体の調子も崩しがちになりますので、こまめなケアが大切です。  疲労の原因は「活性酸素」 私たちは体内で酸素や栄養を消費して、体を動かすためのエネルギーを生み出しています。 エネルギーを作り出す過程で生まれるのが疲労の原因となる「活性酸素」。 活性酸素は強力な酸化作用を持っており、体内に侵入した異物だけではなく自らの細胞も傷つけてしまいます。 細胞が傷つき、本来の体のパフォーマンスを発揮できなくなった状態が「疲労」です。さらに、傷ついた細胞が修復されずに傷跡が残ると「老化」につながります。疲労をためずに過ごすことは、若々しい体を保つためにも重要なんですね。 ストレスも疲れの原因に? 家族とのケンカでイライラして怒った後に、どっと疲れを感じた経験はありませんか? イライラや不安、緊張などの精神的なストレスも疲労につながります。 ストレスは体を常に緊張状態にするため、自律神経をコントロールしている脳に大きな負荷がかかります。 負荷がかかった分だけ脳内では多くの酸素が消費され、活性酸素も大量に発生。 体の活動量が少なくても、大きな疲労感を感じる原因になるんです。 あなたは大丈夫?実は1番怖い”隠れ疲労” ストレスが疲れを感じる原因と聞いて ・残業後にジムで運動 ・長時間熱いお風呂に入る・飲み会で友だちと盛り上がる などでリフレッシュして疲労を回復しようと考える方もいるかもしれません。   運動やアルコール、熱い風呂によって脳内に快感物質が分泌された時、私たちは「疲労感」を感じなくなります。しかし、身体の疲労は回復するどころか、かえって疲れが蓄積されています。 体は疲れているのにも関わらず、脳内のホルモンによって疲労感を感じにくくなっているのが「隠れ疲労」と呼ばれる。放っておくと、気づいた時には倒れるほど疲労がたまっている可能性もあります。 疲労回復には良質な睡眠 疲労を回復するためには良質な睡眠が最も効果的です。 理想の睡眠は布団に入ってすぐに眠りに落ち、夜中に目を覚ますことなく朝スッキリと目覚めること。 睡眠の質を上げる方法については、過去のブログで紹介しているのでよければ参考にしてくださいね。 ↓↓ スッキリ起きれている?たまには睡眠について考えよう  朝気持ちよく目覚めよう!睡眠の質のお話 ベストな寝姿勢は?睡眠の質に大きく影響する寝姿勢。 「飽きた」と感じたら気分転換 疲労をためないためには「飽きた」という脳からのサインを見逃さないないことも大切です。 スポーツや仕事などひとつのことだけに集中している時、脳では同じ部分が使われ続けます。 特定の部分だけが疲れ始めると、脳は「飽きる」という指令を出して、その部分を休ませるようと仕向けます。  つまり「飽きた」と感じた時に、脳の違う部分を使う行動を取れば疲れにくくなるということです。 たとえば、1時間デスクワークをした時は ・散歩やストレッチなど軽い運動をする ・窓の外の景色を眺める...
続きを読む
頭のツボ押しで心と体をリラックス
こんにちは!背ラピストStore店主の岩上です。今日は心と体を整えてリラックスさせるツボ押しについて紹介します。 そもそもツボって何?  私たちが使っている「ツボ」という言葉は、正式には経穴(けいけつ)と呼ばれています。 体の中には気やエネルギーの通り道である経絡(けいらく)があると考えられており、ツボはその交差点。気やエネルギーがたまりやすいポイントです。 ツボを刺激することで、エネルギーの流れがよくなって内臓機能が活性化。 血の巡りもよくするので、筋肉のコリをほぐす・老廃物を外に排出するなど心と体のさまざまな不調に効果があると言われています。 世界から認められるツボの効果 ツボは民間療法というイメージを持っている人も多いですが、実はれっきとした漢方医学のひとつ。 WHO(世界保健機関)で認められているツボは全身で361ヶ所にものぼります。 マッサージや鍼灸治療、ヘッドスパなどでも、つらい症状を和らげるために悩みに合わせたツボの刺激を行っています。 さらに、場所さえ知っておけば誰でもできる手軽さもツボ押しの魅力のひとつです。 デスクワークや家事の合間にオススメの頭のツボ ここからは頭痛や目の疲れ。肩こりに効果的な頭のツボを3つ紹介します。 デスクワークや家事でコリや疲れを感じた時に、よければ試してみてくださいね。   ① 百会(びゃくえ) 頭の万能ツボと呼ばれる百会。自律神経を整える効果があり、頭痛や不眠や肩こりに悩む方にはオススメのツボです。イライラやストレスの緩和にも効果があり、心と体をリラックスさせてくれます。効果:自律神経、頭痛、不眠、肩こり場所:頭の天辺、左右の耳を結んだ線上の位置 ② 後頂(ごちょう) 後頂(ごちょう)は百会の少し後ろにあるツボです。リフレッシュ効果があり、疲れた時に押すと頭がスッキリしますよ! 効果:頭痛、不眠、めまい、吐き気場所:百会から親指ひとつ分後ろ ③天柱(てんちゅう) 天柱は百会と同じく自律神経を整える効果の他、頭痛や肩こり、目の疲れにも効くツボです。後頭部と首の境目に位置しています。効果:頭痛、目の疲れ、肩こり、首こり場所:首の後ろ中央のくぼみの左右にある、太い筋肉の上側(髪の生え際) ゴッチョ背まくらでツボを刺激してリラックス  ゴッチョ背まくらは、疲れた頭や首、背中をほどよく刺激する独自のリラックス構造。 今回ご紹介した3つのツボも①百会(びゃくえ)②後頂(ごちょう)③天柱(てんちゅう) 寝るだけで刺激し、心と体をゆるませてくれます。 プロのマッサージを受けているような心地よい時間をご自宅でも体験いただけます。 ツボを日常生活にうまく取り入れて、心と体を整えてみてはいかがでしょうか? では、今週も素敵な1週間をお過ごしくださいね!  
続きを読む