背ラピストブログ

子どもの姿勢の悪さの原因は?10秒でできるシンプルな解決法
こんにちは! 背ラピストStore店長の岩上です。 スマホやゲーム機を1人1台持つのが当たり前になった時代。 肩こりや猫背に悩んでいるのは、大人だけではありません。 学校でもパソコンやタブレットによる学習が始まっている今、肩こりや猫背に悩む子どもが増えています。 文部科学省が全国の小中学校で行ったデジタル教科書の実証実験でも、4割近くの小学生が首や肩に痛みを訴えたという報告もされています。 「背筋を伸ばしなさい!」が無意味な理由 Youtubeを見る時や勉強をする時、我が子の姿勢の悪さが気になる方も多いのではないでしょうか? 「背筋を伸ばしなさい!」と厳しく注意する方もいるかもしれません。 しかし、一時的に背筋を伸ばしたとしても、1分後には元の猫背に戻ってしまうお子さんがほとんどです。   それは、子どもが猫背の姿勢に慣れて、その姿勢でいることがラクになっているから。 現代の子どもたちは昔に比べて、外で遊ぶことが減りました。 代わりに増えたのが、動画の視聴やゲームなどの座ったままでの遊びです。 体を動かす機会が少なくなったことで、腹筋や背筋といった筋力が減っています。 体を支える体幹が弱った子どもにいくら言葉で言い聞かせても、ずっと正しい姿勢を保つ方が難しいのです。 姿勢が悪い子どもはどうなる? では、姿勢が悪い子どもはどうなるのか? 姿勢の悪さが子どもに与える悪影響は、首や肩のこりだけではありません。 ・背が伸びにくい ・運動のパフォーマンスが下がる ・消化不良を起こす ・疲れやすい、だるい ・イライラする ・自己肯定感が下がる などの症状が現れます。 成長期の子どもの骨は柔らかく、大人に比べて歪みやすいのが特徴です。 骨格が歪んだ結果、背も伸びにくくなりますし、歯のかみあわせや歯並びも悪くなります。 歪んだ骨格に沿ってついた筋肉が動きを妨げるため、運動のパフォーマンスも下がります。関節への負担が大きくなり、痛みが出ることもあるかもしれません。 また、前かがみの姿勢は肺や胃腸を圧迫し、消化不良や体のだるさの原因にもなります。 勉強に集中できないのも姿勢が原因かも 精神面への影響も大きくなります。 うつむきがちの姿勢は気分が落ち込みやすくなり、自己肯定感が下がります。 自律神経が優位になるため、イライラしやすくなって、勉強に集中できなくなることもデメリットです。 子どもが勉強や運動でいい成績を出すためにも、少しでも早く姿勢をよくしてあげたいですね。 朝の10秒でできる子どもの姿勢改善 子どもの姿勢が猫背の場合、筋肉や骨格が猫背仕様になっています。 悪い姿勢が形状記憶されているため、子どもが意識して治すことは難しいでしょう。 そんな時に、子どもの体に元の正しい姿勢を思い出させてあげることが有効です。 そのために考案されたのが、10秒で子どもの姿勢問題を解決する「背中シュッシュ」です。...
続きを読む
食欲の秋!旬のおいしい食べ物で疲労回復しよう
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。  仕事や家事で疲れたとき、休むのはもちろんのことながら入浴や食事も大切です。 今日は疲労回復に効果的な栄養素に加えて、秋が旬の疲労回復に役立つ食べ物を紹介していきます! ①ビタミンB1(豚肉、うなぎ、きのこなど) ビタミンB1は、糖質から体を動かすエネルギーを生み出すときに欠かせない栄養素です。 ビタミンB1が不足すると、糖質を十分にエネルギーに変換することができず、疲労感を感じやすくなります。 食欲不振やだるさといった疲労解消にも、ビタミンB1を多く含む豚肉、うなぎ、きのこなどがおすすめです。 ②ビタミンC (緑黄色野菜、フルーツなど) 疲れがたまっているとき、私たちの体内では活性酸素の量が増加しています。 緑黄色野菜やフルーツに多く含まれるビタミンCは抗酸化作用を持ち、活性酸素や乳酸(疲労物質)を除去するため、疲労回復に効果的です。 また、ビタミンCはストレスに抵抗するホルモンの生成を助ける効果もあるため、ストレスが多い生活を送る人は積極的に摂取しましょう。 ③鉄分(レバー、あさり、小松菜など) ちょっとした運動で息切れや疲労を感じやすい場合は、鉄分不足が原因かもしれません。 鉄分が不足すると、血液中のヘモグロビンを十分に生成することができません。 酸素を全身の細胞に運ぶ役割を担うヘモグロビンを増やすことが疲労解消につながるため、鉄分を十分に摂るようにしましょう。 鉄分には肉や魚などの動物性たんぱく質に含まれる「ヘム鉄」と小松菜や枝豆などの植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」の2種類があります。 非ヘム鉄は、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取することで吸収率が良くなるので、献立を工夫してみてください。 秋が旬の疲労回復におすすめの食べ物は? 旬の食材は新鮮で、栄養価が高いことがメリットです。さらに安くて美味しいため、お財布にも体にも優しいのも嬉しいところ。 というわけで、秋が旬の疲労回復に効く食べ物を紹介します。 ・きのこ類 マツタケやシイタケ、しめじ、まいたけやなめこなど、きのこ類の多くが秋に旬を迎えます。きのこ類はビタミンB群を含み、エネルギーの代謝を助けて、疲労回復をサポートします。 ・栗 秋が旬の栗もビタミンB1やB6がビタミンB群が豊富です。栗ご飯はエネルギー源となる炭水化物との組み合わせで、疲労解消に効果的です。 ・柿 柿はビタミンCを豊富に含み、100g当たりの含有量は意外にもみかんやレモンを上回っています。ビタミンCは美肌効果もあり、女性には嬉しいフルーツです。 ・梨 みずみずしい食感が特徴の梨も秋が旬。ビタミン類のほか、エネルギー代謝を助けるアミノ酸「アスパラギン酸」が疲労回復に効果を発揮します。 ・サツマイモ サツマイモはエネルギー元となる糖質が豊富で、食物繊維やビタミンCも含んでいます。サツマイモのビタミンCはでんぷんに守られて熱に強いため、加熱しても失われにくいことも長所です。   食事はバランスと同じくらい、食べておいしいことも大事です。 せっかくの食欲の秋。旬の食べ物を摂って、疲労に強い体づくりを目指しましょう! それでは、本日は以上です!
続きを読む
ストレートネックとは?簡単にできる3つの対策
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。 急に寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 肩こり、頭痛、目まいなどの症状に悩んでいる人は、ストレートネックが原因かもしれません。 というわけで、今日のテーマは「ストレートネック」です。 ストレートネックって何? そもそもストレートネックとは、文字通り首の中の骨である頚椎がまっすぐになっている状態のことです。 首はボーリング玉ほど重い頭を支えるため、ゆるやかなカーブを描いています。 このカーブが首や肩への衝撃を吸収するクッションのような働きを担っています。 しかし、スマホやパソコンを見るときに頭を前に突き出した姿勢を長時間続けていると、このカーブが失われて、首に大きな負担がかかります。 首や肩の筋肉の緊張が酷くなった結果、さまざまな不調の原因となります。 ・肩こり・頭痛・目まい・目の疲れ・腰痛・首のシワ ストレートネックは放置して、自然に改善することはありません。重症化するとヘルニアになる可能性もあるので、早めの対処が必要です。 ストレートネックの3つの対策 ①スマホやパソコンの時の正しい姿勢 肩こりやストレートネックの治療のために、マッサージや整体院に通う方も多いでしょう。 しかし、一時的に症状が改善しても普段の姿勢が変わらなければ、再び同じ症状が起こってしまいます。 パソコンやスマホを使うときは、正しい姿勢を意識することが大切です。 まず、スマホ使用時はうつむきがちになってしまいがちです。スマホを持つ腕を持ち上げて、顔の高さ付近で使うようにしましょう。 パソコンを見る時も、モニターを目線の高さに合わせます。 椅子の背もたれにもたれかかるのはやめて、お尻の坐骨を立てて、骨盤から背筋を伸ばして座ることを意識してください。 ②胸鎖乳突筋のストレッチ ストレートネックの人は、首の前側、耳から胸にかけて広がる「胸鎖乳突筋」がガチガチになっています。 胸鎖乳突筋のストレッチを行って、固まった筋肉をほぐしてあげましょう。 1、右手で左の鎖骨から肩甲骨にかかる部分を手で押さえる2、押さえた手はそのままにゆっくり上を向く3、上を向いたまま右側に首を倒し、15秒キープする。反対側も同じようにに行う デスクワークの時にも気軽にできるストレッチですので、1日3回を目安に続けてみてください。 ③正しい高さの枕で寝る 人生の3分の1を占める睡眠時の姿勢を正すことも、ストレートネック対策に効果的です。 特に気をつけたいポイントが、枕の高さと硬さ。 高すぎる枕はうつむいた姿勢と同じように、首の後ろの筋肉を伸ばし、筋肉を緊張させます。 姿勢良く立った時のように、首が自然なカーブを描く枕を選ぶことが大切です。 大の字にねて首をリラックス 座っている時も立っている時も常に頭を支えてくれる首が、唯一解放されるのは寝ている時のみ。 仰向けに寝ているときには、首は頭の重さから解き放たれてリラックスできます。 仕事から帰ってきた時や、テレワークの合間に床に大の字に寝転がってみてください。 肩や首の力を抜き、手足は自然に開いた「大の字」の状態で寝っ転がるだけで、首のコリが楽になります。 こまめに首を楽にする習慣を身につけることが、ストレートネックの症状の改善にもつながります。 仰向けに寝るときは、ゴッチョ背まくらを使うとより効果的です。 人間工学に基づいた形なので、頭と首をしっかりと受け止めて、自然なカーブを保って休むことができますよ! では、本日は以上です!
続きを読む
あなたはいくつ当てはまる?肩こりの5つの原因と対策
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。 今回のテーマは、日本人が自覚する症状第1位の「肩こり」です。 肩こりには数十種類もの原因があると言われており、原因は人それぞれです。 もし、あなたが「色々試しても、肩こりが良くならない・・・」とずっと悩んでいるなら、原因に合った対策ができていないのかもしれません。 というわけで、今日は肩こりの代表的な5つの原因とその対策を紹介します。 【肩こりの5つの原因】①血圧②姿勢③眼精疲労④運動不足⑤ストレス 低血圧でも高血圧でも肩こりの原因に 一般的に低血圧の人は肩こりの人が多いとされています。しかし、逆に高血圧でも肩こりに悩まされている人は少なくありません。 高血圧と低血圧の共通点は「血液の流れが悪くなっている」こと。 例えば、動脈硬化が進んだ血管は狭くなり、血液の流れる量が減ってます。血流不足を補おうとして、心臓が一生懸命に働いた結果、血圧が高くなるのです。 よって、高血圧や低血圧の治療を行うことによって、肩こりの改善が期待できます。 同じ姿勢が続く時は筋肉の緊張をほぐす 肩こりの2つ目の原因は「姿勢」です。 特に、スマホやパソコンを見ている時は、頭を前に突き出した姿勢を長時間続けていることも少なくありません。 この姿勢では頭を支える首や肩の筋肉が緊張して、血流が悪化し、肩こりを起こしやすくなります。 対策としては、体をこまめに動かして、首や肩の緊張をほぐすこと。 1時間に1回は立ち上がり、頭を後ろに反らして首を伸ばして、肩を軽く回して筋肉の緊張をゆるめてあげましょう。 眼精疲労にはマッサージ 眼精疲労も首や肩の筋肉の疲労に影響して、肩こりを引き起こします。 私たちの目は、光源であるスマホやパソコンを見るときに極端にまばたきが減ります。 通常時は1分につき15〜20回まばたきを行いますが、スマホ・パソコンの視聴中は1分につき1、2回しかまばたきをしません。 まばたきには涙で目の表面を潤す効果があるため、まばたきが少ないと目が渇いて疲れやすくなります。 疲れ目の対策は、目をこまめに休ませることです。 パソコン作業が続く時は、時々1〜2分間目を閉じて休ませましょう。目が閉じれない時は、窓の外などの遠くに視線を移すだけでも、疲労軽減の効果があります。 また、目の疲れを感じた時には、こめかみに軽く指を当ててくるくると撫でるようにマッサージするのもオススメです。 目の周りがじんわりと温かくなって、気持ちいいですよ! 運動不足とストレスには軽い運動を習慣に 運動不足やストレスも肩こりの原因です。 「運動しないこと=筋肉を動かさないこと」であり、動かさない筋肉は血流が悪くなります。 また、ストレスを感じている時は交感神経が優位になるので、血管が収縮して血流が少なくなります。 血流の悪化で引き起こされるのが肩こりですので、日常から血流をよくするための全身運動を習慣にしましょう。 肩こりの改善を目指す運動なら、きつい筋トレは必要ありません。近所を散歩するなどの軽めの運動で十分です。 リズミカルな運動は、気分をリフレッシュさせてくれるので、ストレス対策にも有効です。 肩こりにならない習慣を身につけよう 今回5つの原因を紹介しましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか? 肩こりは一朝一夕でなるものではなく、毎日の積み重ねが原因です。 逆に言えば、肩こりにならない対策を今から習慣にすれば、数ヶ月後には肩こりに悩まされない日々が訪れること。 「スポーツの秋」でもありますし、スポーツでカラダを動かして、楽しんでストレス解消するのもいいですね。 では、今週もがんばっていきましょう!
続きを読む
睡眠のゴールデンタイムは嘘?美肌を目指す正しい目覚め方
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。 女性にとって夜ふかしは美容の敵ですが、その根拠として知られているのが睡眠のゴールデンタイム。 しかし、このゴールデンタイムが「嘘」だということはご存じでしょうか? 今回は睡眠のゴールデンタイムがどこの嘘なのか、また美肌を目指すための正しい眠り方について紹介します。 睡眠のゴールデンタイムとは? 睡眠のゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時の間に成長ホルモンが最も分泌されるという説です。 成長ホルモンは、ダメージを受けた細胞の修復や再生を行い、肌のターンオーバーを促進する美しい肌のためには欠かせないホルモンです。 なので、美肌を目指すなら早寝早起きしようと言われてきたのですが、さまざまな研究の結果、成長ホルモンの分泌は睡眠の時間帯で決まるわけではないことがわかってきました。 本当のゴールデンタイムは眠り始めの90分 では、成長ホルモンの分泌を決めるのは何か? 答えは睡眠直後のノンレム睡眠の深さです。 成長ホルモンの70〜80%が、眠り始めに訪れる90分のノンレム睡眠で分泌されています。 この最初のノンレム睡眠が深いほど、成長ホルモンは活発に分泌されます。 たとえ午後10時に寝たとしても、浅い眠りでは成長ホルモンはあまり分泌されません。 本当のゴールデンタイムは眠り始めの90分なので、その時間は人によって異なるということですね。 夜の睡眠のために長時間の昼寝はNG 睡眠不足の人は、通勤時間や仕事の休憩時間の仮眠で睡眠時間を補っているかもしれません。 しかし、夜の良い睡眠のためには長時間の昼寝はNGです。 健康な睡眠は90分おきにノンレム睡眠が現れます。初めのノンレム睡眠が最も深く、後半になるにつれて徐々に浅くなっていきます。 ただ、昼に30分以上の深い睡眠を取った場合、夜の最初の睡眠が浅くなってしまい、睡眠全体の質が落ちてしまいます。 疲労回復に短時間の昼寝は効果的ですが、30分以内に目覚めるようにしましょう。  美肌を目指す正しい目覚め方 睡眠の質を高めるポイントは、毎朝同じ時間に目覚めることです。 たまの休日は朝遅くまで寝ている、という人も多いですが、体内時計が狂ってしまうため、睡眠には悪影響です。 就寝時間が遅くなったとしても、起床時間を一定することによって、睡眠のリズムが整います。 睡眠が不規則で肌が荒れがちな方は夜寝る時間よりも先に、朝目覚める時間を意識してみてください。 それでも「夜なかなか寝つけない、、」という方は、気持ちをリラックスさせて深い睡眠に導く「カルナガーデン」も試してみて下さいね! では、今週も良い1週間を過ごしましょう!
続きを読む