背ラピストブログ

あなたはいくつ当てはまる?肩こりの5つの原因と対策
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。 今回のテーマは、日本人が自覚する症状第1位の「肩こり」です。 肩こりには数十種類もの原因があると言われており、原因は人それぞれです。 もし、あなたが「色々試しても、肩こりが良くならない・・・」とずっと悩んでいるなら、原因に合った対策ができていないのかもしれません。 というわけで、今日は肩こりの代表的な5つの原因とその対策を紹介します。 【肩こりの5つの原因】①血圧②姿勢③眼精疲労④運動不足⑤ストレス 低血圧でも高血圧でも肩こりの原因に 一般的に低血圧の人は肩こりの人が多いとされています。しかし、逆に高血圧でも肩こりに悩まされている人は少なくありません。 高血圧と低血圧の共通点は「血液の流れが悪くなっている」こと。 例えば、動脈硬化が進んだ血管は狭くなり、血液の流れる量が減ってます。血流不足を補おうとして、心臓が一生懸命に働いた結果、血圧が高くなるのです。 よって、高血圧や低血圧の治療を行うことによって、肩こりの改善が期待できます。 同じ姿勢が続く時は筋肉の緊張をほぐす 肩こりの2つ目の原因は「姿勢」です。 特に、スマホやパソコンを見ている時は、頭を前に突き出した姿勢を長時間続けていることも少なくありません。 この姿勢では頭を支える首や肩の筋肉が緊張して、血流が悪化し、肩こりを起こしやすくなります。 対策としては、体をこまめに動かして、首や肩の緊張をほぐすこと。 1時間に1回は立ち上がり、頭を後ろに反らして首を伸ばして、肩を軽く回して筋肉の緊張をゆるめてあげましょう。 眼精疲労にはマッサージ 眼精疲労も首や肩の筋肉の疲労に影響して、肩こりを引き起こします。 私たちの目は、光源であるスマホやパソコンを見るときに極端にまばたきが減ります。 通常時は1分につき15〜20回まばたきを行いますが、スマホ・パソコンの視聴中は1分につき1、2回しかまばたきをしません。 まばたきには涙で目の表面を潤す効果があるため、まばたきが少ないと目が渇いて疲れやすくなります。 疲れ目の対策は、目をこまめに休ませることです。 パソコン作業が続く時は、時々1〜2分間目を閉じて休ませましょう。目が閉じれない時は、窓の外などの遠くに視線を移すだけでも、疲労軽減の効果があります。 また、目の疲れを感じた時には、こめかみに軽く指を当ててくるくると撫でるようにマッサージするのもオススメです。 目の周りがじんわりと温かくなって、気持ちいいですよ! 運動不足とストレスには軽い運動を習慣に 運動不足やストレスも肩こりの原因です。 「運動しないこと=筋肉を動かさないこと」であり、動かさない筋肉は血流が悪くなります。 また、ストレスを感じている時は交感神経が優位になるので、血管が収縮して血流が少なくなります。 血流の悪化で引き起こされるのが肩こりですので、日常から血流をよくするための全身運動を習慣にしましょう。 肩こりの改善を目指す運動なら、きつい筋トレは必要ありません。近所を散歩するなどの軽めの運動で十分です。 リズミカルな運動は、気分をリフレッシュさせてくれるので、ストレス対策にも有効です。 肩こりにならない習慣を身につけよう 今回5つの原因を紹介しましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか? 肩こりは一朝一夕でなるものではなく、毎日の積み重ねが原因です。 逆に言えば、肩こりにならない対策を今から習慣にすれば、数ヶ月後には肩こりに悩まされない日々が訪れること。 「スポーツの秋」でもありますし、スポーツでカラダを動かして、楽しんでストレス解消するのもいいですね。 では、今週もがんばっていきましょう!
続きを読む
睡眠のゴールデンタイムは嘘?美肌を目指す正しい目覚め方
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。 女性にとって夜ふかしは美容の敵ですが、その根拠として知られているのが睡眠のゴールデンタイム。 しかし、このゴールデンタイムが「嘘」だということはご存じでしょうか? 今回は睡眠のゴールデンタイムがどこの嘘なのか、また美肌を目指すための正しい眠り方について紹介します。 睡眠のゴールデンタイムとは? 睡眠のゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時の間に成長ホルモンが最も分泌されるという説です。 成長ホルモンは、ダメージを受けた細胞の修復や再生を行い、肌のターンオーバーを促進する美しい肌のためには欠かせないホルモンです。 なので、美肌を目指すなら早寝早起きしようと言われてきたのですが、さまざまな研究の結果、成長ホルモンの分泌は睡眠の時間帯で決まるわけではないことがわかってきました。 本当のゴールデンタイムは眠り始めの90分 では、成長ホルモンの分泌を決めるのは何か? 答えは睡眠直後のノンレム睡眠の深さです。 成長ホルモンの70〜80%が、眠り始めに訪れる90分のノンレム睡眠で分泌されています。 この最初のノンレム睡眠が深いほど、成長ホルモンは活発に分泌されます。 たとえ午後10時に寝たとしても、浅い眠りでは成長ホルモンはあまり分泌されません。 本当のゴールデンタイムは眠り始めの90分なので、その時間は人によって異なるということですね。 夜の睡眠のために長時間の昼寝はNG 睡眠不足の人は、通勤時間や仕事の休憩時間の仮眠で睡眠時間を補っているかもしれません。 しかし、夜の良い睡眠のためには長時間の昼寝はNGです。 健康な睡眠は90分おきにノンレム睡眠が現れます。初めのノンレム睡眠が最も深く、後半になるにつれて徐々に浅くなっていきます。 ただ、昼に30分以上の深い睡眠を取った場合、夜の最初の睡眠が浅くなってしまい、睡眠全体の質が落ちてしまいます。 疲労回復に短時間の昼寝は効果的ですが、30分以内に目覚めるようにしましょう。  美肌を目指す正しい目覚め方 睡眠の質を高めるポイントは、毎朝同じ時間に目覚めることです。 たまの休日は朝遅くまで寝ている、という人も多いですが、体内時計が狂ってしまうため、睡眠には悪影響です。 就寝時間が遅くなったとしても、起床時間を一定することによって、睡眠のリズムが整います。 睡眠が不規則で肌が荒れがちな方は夜寝る時間よりも先に、朝目覚める時間を意識してみてください。 それでも「夜なかなか寝つけない、、」という方は、気持ちをリラックスさせて深い睡眠に導く「カルナガーデン」も試してみて下さいね! では、今週も良い1週間を過ごしましょう!
続きを読む
【猫背が気になる方へ】自分でできる猫背解消法を紹介します。
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。 今回のテーマは猫背。 見た目がかっこ悪いだけではなく、さまざまな身体の不調の原因となる猫背の解消法を紹介します。 猫背の原因は毎日の習慣にあり 猫背とは、背骨の胸椎部分である背中が丸くなっている状態です。 頭は前方に突き出ており、進行すると巻き肩やストレートネックも引き起こします。 猫背は生まれつきではなく、毎日の習慣が原因です。 長時間のスマホやPC作業、運動不足による体幹の筋力低下や骨盤の歪みが積み重なった結果です。 最近は大人だけではなく、小学生や中学生の猫背も増えています。 猫背の見た目のデメリット 猫背には見た目に対してさまざまなデメリットがあります。 元気がなさそうに見える 老けて見える バストが下がる ぽっこりお腹になる 足がむくんで太くなる   背中が丸まった姿勢は元気がないように見えてしまい、人に良い印象を与えません。 背中の筋肉も正しく使われないので、筋肉量が低下し代謝が悪くなります。 また、呼吸が浅くなり代謝が悪くなるので、脂肪が燃えにくい太りやすい身体になります。 ダイエットをしてもなかなかやせない人は、猫背が原因かもしれません。 猫背の体調面のデメリット 猫背は身体にさまざまな不調をもたらします。 首や肩のこり・頭痛 腰痛 便秘 免疫機能の低下 ネガティヴになりやすい 猫背の影響は肩こりや首こりだけではなく、体内の内臓にまで及びます。 内臓が本来の位置より下がってしまい、圧迫された胃や腸の働きが悪くなり、消化不良や便秘になりやすくなるでしょう。 免疫細胞が集中する腸内環境の悪化は、免疫機能の低下にも直結します。    また、精神面への悪影響も深刻です。 前かがみの姿勢で肺が圧迫されて呼吸が浅くなることで酸素不足に陥った身体は、十分なエネルギーを生み出すことができません。 エネルギーが不足した脳は集中力がなくなり、不安やストレスを感じやすくなります。 自分でできる猫背解消法は? 猫背にお悩みの方は「ゴールデンライン」の姿勢を意識してみてください。 立った時に耳、肩、股関節、くるぶしが一直線上になった姿勢がゴールデンラインです。 肩の力は抜いてあごを軽くひき、お腹をへこませて、おへそを上に引き上げるイメージです。...
続きを読む
疲労回復に役立つパワーナップとは?
こんにちは! 背ラピスト店主の岩上です。 今回は疲労回復に効果がある「短時間の昼寝=パワーナップ」についてのお話です。 そもそもパワーナップとは? パワーナップとは、昼間に10~20分の短時間の睡眠をとることです。 ようは「お昼寝」なのですが、昼食後に眠気に襲われてする居眠りとは違い、仕事のパフォーマンスを上げるために積極的に仮眠する習慣を意味します。 GoogleやApple、NIKEといった世界的企業も、この効果に注目して導入しているほど注目を集めている習慣です。 疲労を回復するパワーナップ パワーナップの効果は脳の疲労を取り除くことで、以下のような効果があります。 ・集中力・記憶力アップ・作業効率の向上・ストレスの軽減 その効果はNASAによって科学的に実証されており、昼間の仮眠で、認知能力が34%、注意力が54%向上したというデータが出ています。 短時間の昼寝でも効果がある理由 パワーナップの効果の秘密は睡眠の仕組みにあります。 睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、眠りについてまず訪れるのが深い眠りの「ノンレム睡眠」です。 ノンレム睡眠はその深さによって4つに分類されていますが、疲労回復の鍵を握るのが入眠20分ほどで訪れる”ステージ2”のノンレム睡眠です。 カリフォルニア大学の研究によって、”ステージ2”のノンレム睡眠中に脳内の“キャッシュ・メモリ”がクリアになることが分かりました。 私たちは日常でたくさんの情報に触れていますが、その処理作業によって脳に疲れがたまり、集中力や記憶力を低下させます。 パワーナップ中、脳内で膨大な情報が整理・記憶されることで、脳の疲労が取れてスッキリと目覚めることができるのです。 スッキリ目覚めるパワーナップのコツ パワーナップを実践する時のコツを紹介します。 ①姿勢に気をつける オフィスで座ったまま寝る人もいますが、姿勢には注意してください。机に突っ伏して顎を圧迫する姿勢や首を片方にひねる姿勢は、身体に負担をかけるのでおススメできません。 ②環境を整える 騒がしすぎても静かすぎても、パワーナップには不向きです。心地よい雑音「ホワイトノイズ」をスマホで流すと眠りにつきやすくなります。 また、明るい光も睡眠の質を下げるので、アイマスクなどを活用しましょう。 ③仮眠前にカフェインをとる カフェインは摂取後20~30分で覚醒効果があります。仮眠前にコーヒーや紅茶、緑茶といったカフェインを含む飲み物をとると、目覚めがスムーズです。 ④20分のアラームを設定する 睡眠が30分を超えると、より深いレム睡眠に入ってしまい、スッキリと目覚めることはできません。アラームを設定して、20分以内の仮眠に留めましょう。 パワーナップにはゴッチョ背まくらも 自宅で昼寝ができる方には、ぜひパワーナップにゴッチョ背まくらを活用してみてください。 頭や首、肩の適度に刺激してくれるので、相乗効果によってさらにスッキリとした目覚めを迎えることができますよ! パワーナップを活用して、疲労を回復させながら週の後半もがんばって行きましょう!  
続きを読む
【9月お届け分】御注文のお礼と発送のお知らせについて
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。 9月お届け分のゴッチョ背まくらの先行予約ですが、沢山の方にお申込みいただきました。 本当にありがとうございます。 本日より、順次発送いたしますので到着までもう少しだけお待ちいただければ幸いです。  届いた初日から就寝用でご利用されないようにご注意ください!  ゴッチョ背まくらは、曲がった位置で固まっている筋肉を、正しい位置に動かそうとする力が働きます。 しかし、筋肉を柔らかくする期間を設けずに、一気に筋肉を動かそうとすると、筋肉はその力に反発しさらに硬直する性質があるのです。 初日から長時間使用をすると、使用後に逆に筋肉が硬直してしまったり、揉み返しのようなだるさや、頭痛が起きることもあるのです。 初日は10分のみ。毎日少しづつ使用時間を増やして、固まった筋肉を柔らかくしする期間を持たせてください。 1日10分から少しずつ、無理せずに ゴッチョ背まくらが届いた初日は10分だけ、特に問題無ければ翌日は15分、それでも問題無ければもう一回15分使ってみる。 使用後、不快感があったら翌日は使用時間を短くして、逆に全然平気だったら使用時間を伸ばしてといった形で、2週間くらいかけてゆっくりと使用時間を伸ばしていただけたらと思います。 もし刺激が強過ぎると感じた場合は、本体の中の芯(プロップ)を抜いてみて下さい。プロップを抜くことで、体への刺激が弱まります。また、布団やベッドなどの柔らかいものの上で使用することもオススメです。逆に刺激が足りない方は、ハードプロップに交換したり、硬い床でご使用ください。 「早く姿勢ケアの効果を感じたい!」という気持ちを抑えて、時間をかけて体に馴染ませていって下さい。 ちなみに、韓国の約1万人の購入者様の統計では約87%の方が1週間~2週間で適応しています。ただ、適応に1、2か月かかったというお声もありました。 筋肉がガチガチに固まってしまっている方ほど、適応に時間がかかる傾向があるようです。 カラダが慣れたら一晩寝てOK! カラダが慣れてきたら、普段の枕の代わりに寝る時にゴッチョ背まくらを使ってOKです。 ただ、まだ完全にカラダに慣れていない時は、夜中に刺激を感じて目覚めることもあります。 この段階では、普段の枕と交代で使うのも1つの方法です。ゴッチョ背まくらが完全にカラダに適応すると、途中で目覚めることなく一晩寝ることができるようになります。  私も最初は、無理して使用時間を伸ばそうとしてしまい、頭痛がしたり、だるくなったりしていました。 良くなっていく過程での好転反応だったのかな?と思いますが、結局、適応するまでに1カ月以上かかりました。 気持ちよく使えるようになるまで、少し時間がかかるかもしれませんが、身体に適応した後の気持ちよさは、ゴッチョ背まくらだけの感覚だと思いますので、多くの方に体験して欲しいです。 私自身、今ではこの独特な感覚にハマって出張やキャンプに行く際も持っていくようになりました。(笑) 姿勢ケアに終わりはない。 姿勢ケアは一生続けていくもの。 「1カ月もかかるの?」といったお声が聞こえてきそうですが、これからの長い人生を考えればたったの一カ月です。 是非、無理せず2週間~1か月後に就寝用で使えることを目指してゆっくりとお身体に馴染ませてくださいね。 ご利用にあたり、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。 <初日の使い方について> ←こちらをクリック <ニ日の使い方について> ←こちらをクリック <三日の使い方について> ←こちらをクリック
続きを読む