背ラピストブログ

頭のツボ押しで心と体をリラックス
こんにちは!背ラピストStore店主の岩上です。今日は心と体を整えてリラックスさせるツボ押しについて紹介します。 そもそもツボって何?  私たちが使っている「ツボ」という言葉は、正式には経穴(けいけつ)と呼ばれています。 体の中には気やエネルギーの通り道である経絡(けいらく)があると考えられており、ツボはその交差点。気やエネルギーがたまりやすいポイントです。 ツボを刺激することで、エネルギーの流れがよくなって内臓機能が活性化。 血の巡りもよくするので、筋肉のコリをほぐす・老廃物を外に排出するなど心と体のさまざまな不調に効果があると言われています。 世界から認められるツボの効果 ツボは民間療法というイメージを持っている人も多いですが、実はれっきとした漢方医学のひとつ。 WHO(世界保健機関)で認められているツボは全身で361ヶ所にものぼります。 マッサージや鍼灸治療、ヘッドスパなどでも、つらい症状を和らげるために悩みに合わせたツボの刺激を行っています。 さらに、場所さえ知っておけば誰でもできる手軽さもツボ押しの魅力のひとつです。 デスクワークや家事の合間にオススメの頭のツボ ここからは頭痛や目の疲れ。肩こりに効果的な頭のツボを3つ紹介します。 デスクワークや家事でコリや疲れを感じた時に、よければ試してみてくださいね。   ① 百会(びゃくえ) 頭の万能ツボと呼ばれる百会。自律神経を整える効果があり、頭痛や不眠や肩こりに悩む方にはオススメのツボです。イライラやストレスの緩和にも効果があり、心と体をリラックスさせてくれます。効果:自律神経、頭痛、不眠、肩こり場所:頭の天辺、左右の耳を結んだ線上の位置 ② 後頂(ごちょう) 後頂(ごちょう)は百会の少し後ろにあるツボです。リフレッシュ効果があり、疲れた時に押すと頭がスッキリしますよ! 効果:頭痛、不眠、めまい、吐き気場所:百会から親指ひとつ分後ろ ③天柱(てんちゅう) 天柱は百会と同じく自律神経を整える効果の他、頭痛や肩こり、目の疲れにも効くツボです。後頭部と首の境目に位置しています。効果:頭痛、目の疲れ、肩こり、首こり場所:首の後ろ中央のくぼみの左右にある、太い筋肉の上側(髪の生え際) ゴッチョ背まくらでツボを刺激してリラックス  ゴッチョ背まくらは、疲れた頭や首、背中をほどよく刺激する独自のリラックス構造。 今回ご紹介した3つのツボも①百会(びゃくえ)②後頂(ごちょう)③天柱(てんちゅう) 寝るだけで刺激し、心と体をゆるませてくれます。 プロのマッサージを受けているような心地よい時間をご自宅でも体験いただけます。 ツボを日常生活にうまく取り入れて、心と体を整えてみてはいかがでしょうか? では、今週も素敵な1週間をお過ごしくださいね!  
続きを読む
【自分でもできる】話題の肩甲骨はがしって?
こんにちは!背ラピストStore店主の岩上です。最近Youtubeの動画や女性誌などで取り上げられている「肩甲骨はがし」。あなたも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?長時間のスマホやパソコンでついつい前かがみの姿勢が続いて、首や肩がガチガチ……。そんな時に首や肩を楽にしてくれるのが「肩甲骨はがし」です。 あなたは大丈夫?肩甲骨の硬さチェック 肩こりや首こりを感じている方は、まずは肩甲骨の硬さチェックをしてみてください。 <<肩甲骨の硬さチェック>>1、 背筋を伸ばし、胸の前で両手のひらとひじをくっつける2、 手のひらとひじをくっつけたまま上に持ち上げるあなたはどこまで持ち上げることができましたか?? ひじが鼻まで上がればOK!肩甲骨はがしは必要ありません。「ひじがアゴまでしか上がらない」「ひじを上げようとすると離れてしまう」「そもそもひじがくっつかない」という方は肩甲骨がガチガチになっている可能性が大。 肩甲骨はがしを試してみるといいかもしれませんね。 首と肩を楽にする肩甲骨はがし 肩甲骨はがしとは「肩甲骨周りの筋肉をほぐし、肩甲骨の可動域を広げる」こと。 前かがみの姿勢が続いた体は首や肩の血流が悪化し、コリやハリが生まれています。 そんな時に筋肉をゆるめて柔らかくすることで、血流がよくなり肩や首を楽にしてくれます。     頭スッキリ、疲れにくい体を作る 肩甲骨はがしの効果は肩や首だけにとどまりません。 首の筋肉がゆるむことで自律神経に作用し、頭がスッキリ。 さらに筋肉がほぐれて血流がよくなると、血液の中の酸素や栄養が滞りなく全身に届きます。 老廃物もたまりにくくなるので、疲れにくい体になれますよ!   肩甲骨周りの3つの筋肉 ところで肩甲骨はがしの方法の紹介の前に、肩甲骨周りの代表的な3つの筋肉について少し説明させてください。 背中の上部にある肩甲骨周りの筋肉は、日常的な動作で動かすことはほとんどありません。 筋肉の場所などを知っておくと、肩甲骨はがしの時も意識して動かすことができますよ。 僧帽筋(そうぼうきん) 背中の1番表層にある大きな筋肉です。硬くなると首や肩、背中の広い範囲にコリやハリが出ます。 菱形筋(りょうけいきん) 肩甲骨と背骨にある筋肉で、体の深層に位置します。肩甲骨が開きやすくなるのは、菱形筋が硬くなっていることが原因のひとつです。 肩甲挙筋(けんこうきょきん) 体の奥にある、首の骨と肩甲骨をつなげる筋肉です。肩甲骨を上に引き上げる時に働きます。 自分でできる肩甲骨はがし 「肩甲骨はがし」は整体院やマッサージに行かなかればできないと思っている人が多いようです。しかし、肩甲骨はがしはおうちで自分でも行うことができます。 今回はゴッチョ背まくらの上でできる肩甲骨はがしを紹介します。 <<ゴッチョ背まくらで行う肩甲骨はがし>>1、 ゴッチョ背まくらの上に仰向けで寝る2、 両手を天井に向けてまっすぐに伸ばす3、 手をおへその真上にくるようにやや斜めにし、指先を天井に引っ張られるようなイメージで伸ばす4、 手をゆっくりと下ろす5、 同じ動作を10回繰り返す手を上下させる時に、肩甲骨や周りの筋肉の動きを意識しながら行うと効果的です。ゴッチョ背まくらがない方はストレッチポールや丸めたタオルなどでも代用できます。 続けることで、猫背や巻き肩など姿勢の改善にも効いてきますので、毎日の習慣にすることオススメします。...
続きを読む
ベストな寝姿勢は?睡眠の質に大きく影響する寝姿勢。
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。 最近よく眠れていますか? 厚生労働省の調べによると、日本人の5人に1人(60歳以上は3人に1人)が睡眠になんらかの不調を抱えているそうです。 食事や運動よりも健康に与える影響が大きい睡眠。 気持ちよく、質の高い睡眠を上手に取れるようになれたらいいですよね。  実は「寝姿勢」が睡眠の質に大きく影響するのをご存じですか?? 今日は「正しい寝姿勢」のお話をさせていただこうと思います。 正しい寝姿勢が心と身体の健康を守る  正しい寝姿勢とは「あおむけで身体に余分な力が入っていない、リラックスした状態」です。 寝る時に正しい姿勢を保つことで自然と睡眠の質も上がり、朝スッキリと目覚められます。 ・生活リズムが整いやすくなる ・ホルモンバランスが保たれやすくなる ・肥満や高血圧などの生活習慣病の予防につながる ・ネガティブな感情を遠ざけ、心を元気にする など、質の良い睡眠が心身の調子を整えてくれますよ。 体がゆがみやすい横向き寝 寝姿勢が横向き寝の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、横向き寝は肩が内側に入ったいわゆる”巻き肩”の姿勢になったり、足も組んだ状態になったり、カラダのゆがみを引き起こしやすくなります。 床と接する身体の面積も小さいので、体圧による身体への負担も大きい体勢です。  体の下になった肩や腰の血流が悪くなり、身体がコリやすくなります。ひどい場合は、身体にしびれや痛みが生じることもあるので要注意です。  うつぶせ寝は首のコリや寝違えの原因に  うつぶせ寝は首を横に向けて顔を押さえつけるような姿勢です。 身体にとっては ・顔やあご、首に体重がかかり、フェイスラインや歯並びに歪みが生じる ・首のコリ、寝違えの原因になる ・腰を反らしがちになり、腰痛を引き起こす などのデメリットがあるので、こちらもオススメしません。 顔がまくらとすれやすく、肌荒れを引き起こすこともマイナスポイントですね。 横向き寝、うつぶせ寝用のまくらは? 最近は睡眠の質に注目が集まり、横向き寝やうつぶせ寝用のまくらが販売されています。 僕の個人的な考えですが、、、 気持ちよく横向き寝やうつぶせ寝が出来るより、正しい寝姿勢で寝れるようになった方がいい!と考えています。 実は僕も、物心ついたころからつい最近までの30年以上、横寝、うつ伏せ寝だったのですが、最近ようやく仰向け寝で寝られるようになり、スッキリとした朝を迎えられる事が増えてきました。 これは、長い人生において大きなアドバンテージを得たと感じています(笑) 寝ている時も正しい姿勢を意識しよう 正しい寝姿勢で寝られるようになることは、心身への健康への近道。 でも、正直無意識の睡眠中に良い姿勢を意識するのってなかなか難しいと思うんです。 なので、「正しい寝姿勢をサポートするツール」をご活用いただきたいのです。 単刀直入にいうと、、、...
続きを読む
「私、反り腰かも?」と思った時のセルフチェックと対策法
こんばんは! 背ラピストStoreスタッフのゆらです。 もうすぐ3月ですね。私の住む伊豆では早咲きの桜が満開に近づき、ひとあし早い春を感じています。 少しずつ暖かくなって、お出かけも増える季節。外出を楽しむためにも、肩や腰の痛みとはオサバラしたいところですよね。 今日のテーマは腰の痛みを引き起こす「反り腰」です。 反り腰かも?と思った時のセルフチェック 自分が反り腰かどうかは簡単にセルフチェックできます。 まず、ベッドや床にあおむけに寝てください。 そのまま床と腰の隙間に手のひらを入れてみてましょう。 手のひらが途中で引っかかって止まるなら、正常な範囲内です。 逆に手のひらがスルッと抜けるようなら、反り腰の可能性が高くなります。 もし、握りこぶしにした手も入る場合は、かなり反り腰が進行している証です。 そもそも反り腰って何? 「反り腰」とは、医学的には骨盤が前傾している状態のこと。 本来閉じている骨盤が開き、体の後ろに重心が傾きます。この時無理に背筋を伸ばそうとすると、グッと腰が反ってしまいます。 反り腰がお腹ぽっこりの原因に? 太っているわけでもないのに、お腹だけがぽっこりふくらんでいる……。 そんなぽっこりお腹は反り腰が原因かもしれません。 反り腰の人は背中側の筋肉がひどく緊張して、お腹の筋肉は使われずゆるんでいます。 内臓が本来の位置よりも下がってしまうため、お腹だけがぽっこりと出てしまうのです。   反り腰はお尻や太ももにも悪影響 腹筋の力が弱るにつれて、お尻の筋肉も使われにくくなります。 さらに、骨盤が前に傾いたカラダで使われる太ももの筋肉は前側のみ。 太ももの前の筋肉が発達して、足が太くなってしまいます。 お腹ぽっこり、お尻が垂れる、足が太くなる……と女性の美しさにとって、反り腰はひとつもいいことはありません。 猫背や巻き肩の人は反り腰になりやすい? 反り腰の原因のひとつは姿勢の悪さ。 首や肩が前に出ていると、体が倒れないようにお尻を突き出して腰も反ってしまいます。 猫背やスマホ首、巻き肩の人は反り腰の可能性が高いため、日々の対策が大切です。 反り腰改善には頭の位置を「後ろに戻す」 反り腰の人は首や頭が前に出た姿勢が「まっすぐな姿勢」だと思いこんでいます。 猫背やスマホ首、巻き肩の姿勢に体が慣れてしまっているからです。 なので、自分では「後ろすぎるかな?」と思うくらい、頭の位置を後ろに戻した方がちょうどいい姿勢になります。 理想の姿勢は耳、肩、股関節とくるぶしが一直線上にある姿勢です。 正しい姿勢の体は ・普段より太もも前の筋肉のハリが少ない ・太ももの裏側とお尻に自然に力が入る など、いつもの姿勢との差が感じられるはずです。 鏡で自分の姿勢をチェックしながら試してみてください。...
続きを読む
ぐっすり眠って免疫力をアップ!睡眠と免疫の深い関係
こんにちは! 背ラピストStore店主の岩上です。  まだまだ寒い日が続く季節。体調管理には気をつけたいですよね。 そこで今日は、「睡眠の質をよくして、免疫力をアップしよう」というお話です。 そもそも免疫の役割って知ってる? 免疫の1番の役割は体を守ること。 外から体内に侵入した病原菌やウイルスなどを排除し、病気やケガからの回復を早めてくれます。 私たちが毎日健康で元気に過ごせるのも、免疫機能が体内でしっかりと働いているから。 そして、免疫の働きには「睡眠の長さと質」が深く関わってきます。 睡眠と免疫の深い関係 風邪のひき始めに「これくらいなら大丈夫……」と夜更かしをして、風邪を悪化させてしまった経験はありませんか?   逆に「風邪かな?」と思った時に、早めに布団に入ってぐっすり眠ると、翌朝には元気になっていますよね。 一晩で風邪が治ったのは、良質な睡眠によって免疫力が高まったおかげです。 なぜ良質の睡眠で免疫力がアップするの? 私たちが寝ている時、脳からは「成長ホルモン」が分泌されます。 成長ホルモンの役割は「傷ついた細胞の修復」。 ウイルスと戦って傷ついた免疫細胞も元気にしてくれます。 しかし、浅い眠りや睡眠不足が続くと、成長ホルモンが十分に分泌されません。 免疫細胞の回復も十分に行われないため、免疫機能の働きが低下。病気にもかかりやすくなってしまいます。 コロナと睡眠時間の研究 コロナウイルスと睡眠の関係も研究が進んでいます。 睡眠研究の専門誌“Nature and Science of Sleep”には ”コロナに感染した人のうち、睡眠時間が短い人ほど重症化しやすい” 傾向があるという調査結果が報告されました。 マスクや消毒と同じくらい、免疫力を保つこと。つまり、質のよい睡眠を取ることがコロナ対策にも大切ということですね。   あなたに合ったナイトルーティンを探してみよう では、睡眠の質をよくするにはどうすればいいのか? 今回提案するのは「自分に合ったナイトルーティンを作ること」。 ・心地よい音楽を流す ・好きな香りのアロマをかぐ ・リラックスできるハーブティーを飲む など簡単なもので大丈夫です。 眠る前の行動を決めて習慣にすることで、”これをしたら眠る”という自己暗示が脳にインプットされます。 忙しい時でもナイトルーティンを行うことで、寝つきがよくなって睡眠の質を高めることができますよ。...
続きを読む