背ラピストブログ

お風呂のイラスト
今夜、Amazonプライムで「ラ・ラ・ランド」を観ながら秋に浸りたいと考えている、センチメンタルな岩上です。 さて、今週も1週間お疲れさまでした! 最近冷え込む日が続いていたので、体調を崩したりしていませんか?? 特に週末は、仕事や家事の疲れがピークに達するタイミングかな?と思いますので今日は「疲労回復」について書こうと思います。 体も温まって、疲労回復効果も期待できる僕のオススメを入浴法をご紹介しますね!   疲労回復には塩風呂がオススメ 僕もそうですが、疲れていると湯船にお湯をためることも面倒になり、シャワーで済ませてしまいがち。ただ、疲労回復にはシャワーよりも湯船にゆっくり浸かる方が効果があります。入浴法にもいろいろありますが、今日オススメしたいのが「塩風呂」です。 やり方はとっても簡単。40度くらいに沸かしたお湯にひとつかみの塩を入れて溶かし、10分〜20分ほど入浴するだけです。   体がポカポカ、汗がダラダラ 「お風呂に塩を入れただけで、何が違うの??」と疑った人ほど、1回塩風呂を体験してみて欲しいと思います! 疲労回復には、疲労の原因となる老廃物を出して、新しい栄養を届けることが有効な方法のひとつ。 塩風呂は体の血の巡りをよくして、発汗作用を高めてくれます。汗とともに老廃物を出して、血液が新たな栄養を運んでくれるのです。 塩風呂に入ると手足の先から体が温まり、普通のお風呂よりも早く体がポカポカしてきます。また、発汗作用も高めてくれるので、普段よりも汗がダラダラ。いらないものがどんどん出て行ってスーッとする感覚は気持ちいいものです。 そうそう、お肌の毛穴にたまった老廃物も汗と一緒に洗い流されるので、美肌効果も期待できますよ。(敏感肌やアトピーの方は刺激が強い場合がありますので、注意してくださいね)   塩風呂がイイ2つの理由 では、なぜ塩風呂が普通のお風呂よりも疲労回復にイイのか? 2つ理由があります。 1つは塩分を含んだ水は蒸発しにくいから。 塩風呂でかいた汗は塩分を多く含み、普通にかく汗よりも蒸発しにくいです。水は蒸発する時に熱を奪います。つまり、水が蒸発しにくい=冷めにくいってことです。保温効果が高い塩風呂は、湯冷めもしにくいんですね。入浴後もしばらく体がポカポカしているのが感じられるはずです。   2つ目は浮力が大きいから。水には浮力がありますが、塩分濃度が高いほど浮力は大きくなります。海水では体が浮かびやすいのと同じ原理です。普通のお風呂よりも浮力が大きい分、筋肉への負担が減ります。筋肉がゆるむことで、神経の緊張もほぐし、心も体もリラックスさせてくれますよ。   塩風呂には天然塩 塩風呂にはぜひ「天然塩」を使って下さい。 というのも、人工的に作られた精製塩は塩化ナトリウムが99%を占めていて、体にとって必要なミネラル類が含まれていないから。「伯方の塩」、「瀬戸のほんじお」や「赤穂の天塩」はスーパーなどでも手に入りやすい天然塩です。 マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類は体にとって不可欠な栄養なので、普段の料理にも天然塩が良いです!こだわりたい方はヒマラヤ岩塩などでもいいですが、個人的には気軽に買えるものの方がもったいないと思わずに使えるような気がします。   長風呂&追い焚きはNG! 塩風呂の注意点として、長風呂と追い焚きがNGなことが挙げられます。 普段長い時間半身浴する人も、塩風呂の時は10分〜20分を目安にしましょう。保温作用や発汗作用が高い分、長時間入るとのぼせてしまったり、脱水症状になることがあるからです。また、追い焚きは塩分が風呂釜を傷めることがあるためNG。 入浴後は塩分が残らないように浴槽を洗い流すことを忘れないようにしてくださいね。 塩風呂後は水分補給とゴッチョ背まくらを 塩風呂はたっぷりと汗をかく入浴法なので、自分が思っている以上に体内の水分が不足しています。 入浴後はしっかりと水分補給を行ってください。また、塩風呂の後はゴッチョ背まくらを使うにもいいタイミングです。体全体が温まってリラックスした状態なので、体全体が伸びる効果が感じやすくなります。 ゴッチョ背まくらを持っている方は試してみてください!   仕事終わりの今日の夜は塩風呂に入って、リラックス。たまった疲れをリセットして、楽しい週末を過ごしてくださいね!
続きを読む
睡眠中のロングヘアの女の子のイラスト
規則正しく起きるワンコのおかげで、5時起きが定着している岩上です。   さて本日9/3は「睡眠の日」です。 毎日の1/3を費やす睡眠。実は、僕たちの身体にとって食事や運動よりも重要な役割を担っています。 でも、食事や運動に比べて「睡眠」はなかなか考える機会が少ないように感じます。 ということで本日「睡眠の日」は、睡眠について書こうと思います!   そもそも睡眠の役割って知ってる?? 睡眠の一番の役割は、脳と体の休息です。特に、身体は起きているときでも休ませることは出来ますが、「脳」は寝ている間にしか休息出来ません。 「脳」は思考や行動をコントロールするだけでなく、「心地よい」とか「不快」とかの感情なども認識します。 忙し過ぎたり、疲れがたまってゆとりがなくなると、ちょっとしたことで「イライラ」したりすことってありませんか?? コレ、脳を休息させることがすごく大切なのです。   肌がきれいになる「美肌ホルモン」   あとは、脳から分泌される「成長ホルモン」が、ストレスなどで傷ついた細胞を修復したりする働きもあります。 これが、皮膚の新陳代謝が活発になって肌がきれいになるとされている「美肌ホルモン」というやつです。 そして、ウイルスなどから身体を守る「免疫力」を保つことも睡眠の大きな役割です。 特にコロナが猛威をふるっている今の時代、心と体の健康の為にも、ぐっすり眠れる質の高い睡眠は、欠かせない習慣になりますね💉   寝付けなくて困ることありませんか? 良い眠りには心身のリラックスが重要。 しかし、僕も不安や緊張、ストレスを抱えているときは、眠れなくなります。 神経質になって、無意識のうちに身体に力が入るので、筋肉が緊張状態になってしまうんですよね。 そして、「眠れないことへの不安感」が、さらに緊張して眠れなくなる。 こんなことでお困りではありませんか??   実はすごく大事な“呼吸” 呼吸も普段はなかなか意識が出来ないと思いますが、実は感情と“呼吸”は関係しています。 不安を感じたりしているときは呼吸が浅くなり、リラックスしているときは深い呼吸が出来ています。 呼吸が浅くなるから気持ちが不安になりやすいのか? 自然と深い呼吸ができているからいつもリラックスできるのか? 「にわとりが先かたまごが先か?」のような話ですが、呼吸と感情はかなり密接とのことです。 増えている隠れ酸欠 猫背や巻き肩姿勢の方は、胸郭や肺が圧迫され呼吸が浅くなります。 最近では、マスク生活が続いて、取り込む酸素の量が減っているそうです。 呼吸に関わる筋力も低下し、深い呼吸ができなくなっていきす。 体内に酸素の供給が不足すると、エネルギーが不足しますので、疲れやすくなったり、頭痛が起きたり、様々な不調につながります。 だから意識をして呼吸をコントロールする方法は本当にオススメです。  ...
続きを読む
姿勢よくPCをする犬
「もう週末!?」って、今日は特に感じた岩上です。 と思ったらまだ木曜日でした…。(落ち着こう)   今日は「ゴッチョ背まくら」をご検討いただくほとんどの方が悩まされている「肩こり・首こり」についてです。   なぜ肩や首のこりで悩む人が増えているのか??   理由はPC・スマホ時間の増加が大きな原因だったのです。 というよりも、PCやスマホを使っている時のうつむきがちな前かがみの姿勢が元凶だったんですよね。 前かがみの姿勢は、想像以上に肩や首の筋肉に負荷をかけるのです。   頭の重さは約5kg。ボーリング玉並みに重い・・・   だから頭の重みは、背骨を立てて身体全体で支えます。 でも、前かがみの場合首や肩の筋肉で支えることになります。   4Kgの重りも腕の骨で支えたら余裕だけど、、、 このように、筋肉だけで支え続けていたら、腕だけでなく肩や背中の筋肉もガチガチになってしまいますね。   肩や背中がガチガチな原因は、頭を背骨で支えず筋肉で支えようとするから。 ある研究では、頭が30度傾いたときは18kg、60°傾いた場合は27kgの負荷が、肩や背中の筋肉にかかるそうです。   肩・首の負担軽減は「頭」を身体全体で支えること   なので、普段の生活で一番意識してほしいポイントは頭の位置なのです。 肩や首の筋肉ではなく、背骨で頭を支える習慣が身に付くと、肩や首のコリはかなり解消しやすくなります。 現代人は、長時間PCモニターや、スマホ画面に向かって顔を前に突き出す姿勢でいることがおおいため、首の筋肉で頭を支えています。 そして、頭が前に突き出した現代特有の姿?の方が増えています。 これ、あまりいい見た目ではないですよね?   僕も1年前に自分の姿の変化に気づきました。   その日は、おなかが出てるのが気になって、妻に横からの写真を撮ってもらったときに、顔が前に飛び出ている自分の姿を知りました。 正直、おなかよりも気になってしまいすごくショックを受けたのを覚えています。 もし気になる方は、力を抜いた普段の姿勢で横から撮ってみるのを良かったら試してみてください。   身体のパーツは正しい位置に置こう!   本来、肩はここ、頭はここ、目線はここ、胸はここという正しい位置があるので、その位置を知ると姿勢が悪くなっても、正しい位置に戻すことが出来るようになります。 「前にずれたら後ろに戻す」といった習慣が身に付くと、肩や首への負担はかなり楽になると思います。...
続きを読む
布団にくるまって何かを考えているブルドッグ
  さて、今回はお客様からよく聞かれる「このまくら、寝返りできますか?」という質問にシンプルに答えていきたいと思います。   寝返りできます! 結論から言うと、「寝返りできます!」が答えです。このゴッチョ背まくらは一見すると首と頭が固定されているように思えますが、実は少し首を動かせるようにデザインされています。左右どちらの横向き寝でも問題なし。 僕は横向きになる時は、背中の尾っぽから降りて尾っぽを背もたれのようにして寝ています。  コツはコンパクトに寝返るです(笑)   横向き寝をススメない理由 ゴッチョ背まくらは横向き寝にも対応していますが、横向きで寝ることはオススメしません。なぜなら、寝起きの不快感は間違った寝姿勢が原因だから。 日中も、姿勢が悪いとあちこち痛くなったりしますが、寝ているときも同じなのです。 正しい寝姿勢を維持することで、質の高い睡眠に繋がりますし、寝起きも身体もスッキリします。 ゴッチョ背まくらを使う時は、仰向けで寝るのがオススメです!今まで横向き寝が習慣だった人は、これを機に仰向けに寝る習慣を身につけましょう。   うつぶせ寝もオススメしません うつぶせ寝も横向き寝と同じように正しい姿勢で寝ることができないので、オススメしません。特に、うつぶせ寝は首を左右どちらかにねじるため、呼吸がし辛くなります。首の神経を圧迫するので、体にとっては負担が大きい姿勢です。ゴッチョ背まくら自体もうつぶせ寝は想定していないデザインになっています。今までうつぶせ寝が習慣だった人も、ゴッチョ背まくらを使って仰向けの正しい寝姿勢を身につけてみてくださいね。   正しい姿勢で寝ると朝がラク 起きた時にカラダの筋肉が強ばったり、首を寝違えたりした経験がある人も多いのではないでしょうか?起きた時にカラダが痛い、固まっているのは、寝ている時の姿勢がカラダに余計な負担をかけていることが原因。「寝相は上向きで寝ているときが、体に余分な力が入らず最もリラックスした状態になります。」仰向けの正しい姿勢で一晩ぐっすり寝ると、朝スッキリと目覚められる。十分な休息を取ることができるので、朝起きた時のカラダがラクになるのです。   寝相が悪い人ほど使ってほしい   僕も、朝起きるとゴッチョ背まくらが床に落ちて、うつ伏せで寝ていることがほとんどでした。 でも、使用して5カ月が経過し、朝起きた時にゴッチョ背まくらの上で起きられる回数が増えてきました(笑)。 寝相が悪い人ほど、ゴッチョ背まくらを使ってもらいたいです。 寝姿勢が変わると睡眠の質は変わりますから。 僕が感じたスッキリとした目覚めをあなたにも共感してもらえたら嬉しいです! 気になることがありましたら、いつでもLINEください^^本日は以上です!
続きを読む
疑問が頭に浮かぶ坊主頭の男性
  初日から就寝用でご利用されないようにご注意ください! ゴッチョ背まくらは、曲がった位置で固まっている筋肉を、正しい位置に動かそうとする力が働きます。 しかし、筋肉を柔らかくする期間を設けずに、一気に筋肉を動かそうとすると、筋肉はその力に反発しさらに硬直する性質があるのです。 初日から長時間使用をすると、使用後に逆に筋肉が硬直してしまったり、揉み返しのようなだるさや、頭痛が起きることもあるのです。 初日は10分のみ。毎日少しづつ使用時間を増やして、固まった筋肉を柔らかくしする期間を持たせてください。 <初日の使い方について> ←こちらをクリック <ニ日の使い方について> ←こちらをクリック <三日の使い方について> ←こちらをクリック 1日10分から少しずつ、無理せずに ゴッチョ背まくらが届いた初日は10分だけ、特に問題無ければ翌日は15分、それでも問題無ければもう一回15分使ってみる。 使用後、不快感があったら翌日は使用時間を短くして、逆に全然平気だったら使用時間を伸ばしてといった形で、2週間くらいかけてゆっくりと使用時間を伸ばしていただけたらと思います。 もし刺激が強過ぎると感じた場合は、本体の中の芯(プロップ)を抜いてみて下さい。プロップを抜くことで、体への刺激が弱まります。また、布団やベッドなどの柔らかいものの上で使用することもオススメです。逆に刺激が足りない方は、ハードプロップに交換したり、硬い床でご使用ください。 「早く姿勢ケアの効果を感じたい!」という気持ちを抑えて、時間をかけて体に馴染ませていって下さい。 ちなみに、韓国の約1万人の購入者様の統計では約87%の方が1週間~2週間で適応しています。ただ、適応に1、2か月かかったというお声もありました。 筋肉がガチガチに固まってしまっている方ほど、適応に時間がかかる傾向があるようです。   カラダが慣れたら一晩寝てOK! カラダが慣れてきたら、普段の枕の代わりに寝る時にゴッチョ背まくらを使ってOKです。 ただ、まだ完全にカラダに慣れていない時は、夜中に刺激を感じて目覚めることもあります。 この段階では、普段の枕と交代で使うのも1つの方法です。ゴッチョ背まくらが完全にカラダに適応すると、途中で目覚めることなく一晩寝ることができるようになります。  私も最初は、無理して使用時間を伸ばそうとしてしまい、頭痛がしたり、だるくなったりしていました。 良くなっていく過程での好転反応だったのかな?と思いますが、結局、適応するまでに1カ月以上かかりました。 気持ちよく使えるようになるまで、少し時間がかかるかもしれませんが、身体に適応した後の気持ちよさは、ゴッチョ背まくらだけの感覚だと思いますので、多くの方に体験して欲しいです。 私自身、今ではこの独特な感覚にハマって出張やキャンプに行く際も持っていくようになりました。(笑) 姿勢ケアに終わりはない。 姿勢ケアは一生続けていくもの。 「1カ月もかかるの?」といったお声が聞こえてきそうですが、これからの長い人生を考えればたったの一カ月です。 是非、無理せず2週間~1か月後に就寝用で使えることを目指してゆっくりとお身体に馴染ませてくださいね。 ご利用にあたり、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはLINEが便利です👇     適応期間について、他の使用者の方の感想が知りたい!という方はお客様の声もご覧ください。
続きを読む